忍者ブログ
   
[1] [2] [3] [4] [5
Posted by - 2017.09.27,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by なば - 2011.07.27,Wed
思えば3年前。

フルスクラッチでロボット兵を作ろうとしていた頃があった。

パテなんて簡単に扱えると信じて疑わなかったあの頃。

私の……若かりし頃。

苦戦、妥協……挫折。


そして


永き時を経て、奴が、帰ってきた!!




『素人もの作り製作記!~帰ってきたロボット兵~』

です!!

きっかけはファインモールドさんからロボット兵のプラモが新しく出たことです。

おいおい、ただプラモを組み立てるだけかよ?
そんなのを胸張って物づくりとか言っちゃっていいのかよ?

とか思っている皆様へ。

そんなわけなかろう!!


乞うご期待!!

拍手[13回]

PR
Posted by なば - 2010.11.28,Sun



というわけで、五回に渡るニキシー管製作記も完成編です!

まず、前回までの木のケースに入れた状態で光らせて見ます。








…ぱねぇ。




これでも十二分にカッコいいのですが、基盤剥きだしな為、ずっと置いておくと埃でショートしてしまう可能性があります。
そこで、5mmのガラス色アクリルでケースを作りました。






売ってそうすぎます。

かっこいいです。


土台の下にはラバーを付けて、滑り止めにしました。

数字に奥行きがあります。アナログっぽくていいです。


さて、次は実際に飾った様子をば。




うむむ…。
むさ苦しい私の研究室に一輪の花。

オサレすぎて浮いている気がしないでもないですが、
これはこれでいいでしょう。



以前のもの作り製作記で初のフルペイントに挑戦したフラップターと一緒にパシャリ。
レトロ同士、絵になります。




さてさて、いかがだったでしょうか今回のもの作り製作記。
ニキシー管時計編。
電波時計がまだ付いていないので今後改良の余地ありですが、
ひとまずはこれで完成といたします。


また何かを作ってみたくなったらやろうと思います。
もの作り製作記。


何か作ってほしいものがあったら言ってください。
予算と設備とロマンと検討して考えようと思います。

それでは、次のもの作り製作記で!



拍手返事
>見え・・・ない・・・! 女の子とロボット(?)っていいですよね! なばなさんの絵大好きです。これからもゴニョゴニョ
なば)これからどんなに応援していただこうが、絶対に中身は見せんわ!描かんわ!(なんだこの態度)

>やっぱケースに入ると雰囲気変わりますね。いい味出してますね。 完結編が楽しみです。 冬コミの電子工作島でニキシー管展示する予定ですが、まだ完成してないのでこれから頑張りますw
なば)ですよねー。私も良い味が出てると思います。完成したら教えてください。冬コミでは是非見に行こうと思います。

>おぉついに完成が次!期待期待 挿絵が相変わらず超可愛いです 「きばんかこーき」さんに対する疑問を持ったのは私だけではなかったよですが・・・胸毛ェ・・・
なば)ありがとうございます。私は可愛い女の子とムサいオッサンが大好きです。

>japan
ん、あぁ。yes.なんだこれ?


>あれ...鳥肌?これは寒気?それとも...
なば)穴板アレルギーです。


拍手[15回]

Posted by なば - 2010.11.14,Sun
さて、今回はニキシー管時計のケースを作っていきます。
ちょっと写真多めです。

まずは何で作るかですが、正直安く済めば何でもいいやって感じです。
で、研究室の中をウロウロしていると



!?



なばなは もくへんを みつけた

というわけで、これで作っていきましょう。

木で工作とか中学生みたいでドキドキしますね。



まず、大まかにカットした後にフライスで面を綺麗にしていきます。

でやああー!!





こうなりました。





さらに削って削って、

やすりがけをします。


オゥフwwww綺麗になったでござるよwwww
もうこれで十分じゃありませぬかwwなばな氏ww
あまり深追いはしないほうがいいでござるよwwニンニンww


おっと。心の声がでてしまいました。


まだまだ、こんなものでは終わらんさ!


真空管の透明を映えさせるには対照のブラックの土台が良いと思うのです。

ここから、木材にステインという塗料を刷り込み、色を変えていきます。

色を変えていきます!


色を、変えて

変えて…。


き、きったなくなった!

まてまて!落ち着け!

これは何かの罠だ!

乾けば綺麗に、ならねぇし!


…。


そうなのです。
どこの馬の骨とも知らぬ木材を使用したため、水性ステインの吸収度合いがテンでバラバラ。
結果腐ったかのような色になりました。



…。



とりあえず、塗り重ねていきます。



二度塗り。




三度塗り。





四度塗り。







五度塗り。








…。



…あ、あれ?



よくね?




超よくね?





では前回作ったニキシー管時計に合わせてみましょう。











…完璧じゃなイカ?



次回!
ニキシー管時計完結編!
そして宇宙へ!



拍手返事!
>めっちゃスゴイ!!!ニキシ管!感動しました。
なば)おっと、まだまだこれからがすごいのだぜ!こうご期待。

>かっけぇぇ・・・器用ですね
これ作るのに製作費ってどれくらいかかるんですか?
なば)基盤とか抵抗とか木材とかは研究室にあったのを流量してるんで、実質7000円くらいですかね?

>工学系ではないので、尊敬の念で制作日記を見ております。そしてそこに付随する挿絵が可愛いので、それも楽しみにww ところで「きばんかこーき」さんって、肉体に安全ピンさしても平気なんですね!←
なば)どうも!アレは肉体には刺してないですよ。胸毛に刺してるんですよ。

>画像左下に戦乱の予感を感じる…!
なば)ジミ子可愛いよジミ子。アニメも可愛かったねジミ子。でも原作から言ってあれが最初で最後の表舞台なのかな、とか思って泣きたくなってくるよ。

>はじめました。eagleを擬人化するとあんなにかわいくなるのですねw 電波時計ICは、私も1,2ヶ月前にマルツで探しましたら、1号店の方にありました。もう店頭在庫はないんですね。 ちょうど私も冬コミに向けてニキシー管時計を作ってます。頑張ってください。
なば)一号店のほうですかっ!これは盲点でした。片方に無いからもう片方にも無いものかと…。ありがとうございます。そして冬コミっ!是非是非どこで飾っているのか知りたいです!もしかすると行くかもしれませんので!

>一見、ごちゃごちゃ適当に見える基板に描かれた模様は、その全てが規則性と必要性で出来てる訳だな。こういうのが芸術というのだろうか。と、電気関係分からないので適当に言ってみる。 いや、でも一から作っちゃうとか本当すごいよ。完成版日記も楽しみに待ってるよ。
なば)機能美というやつですな。実はパーツを付けた後にミスってたところが出てきたわけだが、そこは何とかカバーした。次の完結編に期待してたも。

拍手[7回]

Posted by なば - 2010.11.11,Thu

さてさて、次に行きましょう。
ニキシー管製作記回路編です!
とは言ってもあんまり説明することないんですが。

今回は前回作った回路に部品を付けていきます。
う~ん。こうやって見てみると、ずいぶん無駄の多い配置な気がしますなぁ…。
もうちょっと小さくできたんじゃないかのう、とか考えてしまいます。
しかし、それだとニキシー管も入らないくなるし、まぁ、これでいいですかね。
予告通り光センサ、温度センサも入れました。


そしてぇ!


電源乗せてぇ!!


ニキシー管、ネオン管乗せてぇ!!



点灯ぉおお!!!!





キターーーーーー!!!!

拍手[8回]

Posted by なば - 2010.11.04,Thu


というわけで続きます。


ニキシー管製作記基盤編です。
今回は
「Kon」の工作&修理レポート
RUU's Home Page
の回路を元に組んでおります。
特にKon様にはプログラム見本まで頂きまして、感謝感激雨霰です。
この場を借りてお礼申し上げます。

基盤の設計には個人利用なら無料の高性能ソフト「eagle」を用いております。
コンセプトとしてはなるべく小さく手の平サイズ。
なおかつ
・時計
・日にち
・温度センサを用いた温度計
・光センサを用いた光量変更(部屋が暗くなると、時計の明かりも自動的に暗くなる機能)
・外付けJJYアンテナを通して時刻調整する電波時計機能
なんかを盛り込みたいなぁとか考えているのですが、さてさて。

ちなみに今回はまだ電波時計を作る予定はありません。
あくまで「拡張」機能と言うことで。
というのもこのJJY受信用のICが私の知っている限りマルツパーツという秋葉原の店にしか売っていないのですが、通販画面では取り扱いとあるのに、実際に行ってみると無いと言われる始末…。
送料払って買うのもシャクだけど次アキバに行くのが何時になるかわからないので、とりあえず保留で。


で、無理やり詰めて詰めて回路設計終了。
六桁表示で10センチちょいになりました。
赤が表、青が裏です。

あとはイケメンの基盤加工器さんに頼んで、基盤完成。

うん。基盤もなかなかにイケメンです。
回路のほとんどは裏にして、表からはあまり配線が見えないようにしました。
どうしても線が重なってしまうところだけ表に出してます。



あとはフラックスを塗って、一日乾燥させれば基盤完成!

余談ですが、上の写真の上部に映っている青い奴。
USBから電力を供給するハンダごてなのですが、これがかなり使いやすい。
ペンのようにスラっとしたスタイルがとっても持ちやすいです。
秋葉原のサンコーレアモノショップというキワモノばかりを扱っている店で買いました。
オススメ。


さーて、次は部品を乗せて、点灯実験です!


拍手お返事!
電波時計のIC「SM9501」ですが マルツパールツで 売ってます。1個787円です。
なば)ネット画面では出るのですが、実際に行っても無いと言われてしまいました。。ちょっと保留です。

>バリトンサックスシブイです。ナイスチョイスですね。サックスで一番かっこいいのがバリトンですよね、ネックの巻きとかベルの折り返しとかサックス中最高のゴツさとメカニカル度とか……すいません。いい絵ですねって言いたいだけでした
なば)ありがとうございます!バリトンはカッコいいですよね。しかし、あぁ、ネックストラップ描くの忘れた。あぁ、もういいや。

>エクセレント!
なば)サンクス!

>ハジメテノオト、どうしても今までと全然違った印象を受けるのですがどうでしょうか。 最初なばさんの絵だと認識するまでに時間がかかりました!
なば)さすがネヴさん。私の絵を昔から見てくれただけあります。その通り。今回の絵はかなり絵柄を変えてイロイロと実験してみた絵なのです。こうゆうのも、たまにはいいですよね?

>お初です。m(_ _)m この自然な雰囲気が好きです。楽器とか何かを持ってる絵を自然に描くのはとても難しいので参考になります>< それとアニメ情報ですが、『それでも町は廻っている』おもしろいですよ。^^
なば)初めまして。ありがとうございます。私の絵は基本的に「主張をせずにあるがまま」をモットーに描いております(今考えた)故、そう言っていただけると幸いです。それまち、見てみます!

拍手[5回]

Twitter
Counter

忍者ブログ [PR]