忍者ブログ
   
[187] [186] [185] [183] [182] [180] [179] [178] [176] [175] [174
Posted by - 2017.07.27,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by なば - 2009.11.03,Tue


世界には“壁”と“海”しかない。

人々は壁に沿って文明を築き、そして少しづつ衰退してきている。


時々、壁の向こう側から風に乗って運ばれてくるものがある。

“種”だ。

それは世界に癒しと色をもたらした。


だけども、決して、考えることすら許されないことがある。

それはこの壁を越えること。

大昔の人は壁を越えようとして神の怒りをかったのだそうだ。

だけど、

それでも僕はこの壁の向こう側に行ってみたい。



とか、そんなお話。
ちょっと新しい塗りの研究中。その練習絵。

拍手[3回]

PR
Comments
無題
前回なばなさんがpixivに投稿された作品にコメントさせてもらった中村です。
お返事を頂くことが出来なかったので,サイトの方に直接お邪魔させてもらいました。申し訳ありません。
今回の作品も描き込みがとても細かくて,漂う空気感が本当に素晴らしかったです!!
それで,前回したコメントと内容が被ってしまうのですが,やっぱり大きなサイズのものを見せて頂く事は出来ませんでしょうか‥?
投稿されたサイズですと,今回の作品もなのですが折角丁寧に描き込まれた線が潰れてしまって,凄くもったいないと思うのです。。
Posted by 中村 - 2009.11.05,Thu 21:42:57 / Edit
非常に素晴らしいオリジナル世界観です
Pixivでこの絵を見て,とても新鮮なインスピレーションをもらった,メルサイアといいます.
Pixivでもコメントしましたが,ものすごい感性と世界観をお持ちですね.
”壁”とは(自然の?)超えられない壁のことでしたか・・・解釈が違っててすみませんm(_ _)m.

(人間?,今までの文明?)が超えられなかった,その壁を超えてみたい・・私も全く同じ気持ちです.
私は,そういう「不完全な人間だからこそ描ける希望や感動」を,
『皆で創るRPG』を創ってで表現したいと考えています^^.
まだまだ遠く未来の話かもしれませんが,一度限りない理想を描いて観てしまったからには,もう誰にも止められませんので~^_^.
あ・・,もしまたなんか解釈違ってたらすみませんm(_ _)m
Posted by メルサイア - URL 2009.11.16,Mon 22:11:56 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Twitter
Counter

忍者ブログ [PR]