忍者ブログ
   
[169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159
Posted by - 2017.05.24,Wed
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by なば - 2009.07.04,Sat


劇場版エヴァンゲリオン:破を見てきました!
ネタばれを含むため、詳細はつづきから↓

拍手[0回]


というわけで、今回のTOPは咬ませ犬っぽかった二号機です。
ビーストとかね。
何のために出てきたのかと…。
いや、かっこいいけど。


さて、ネガティブなことから書いてしまいましたが、個人的には大満足です。
大々満足です。
すべてが予想以上でした!

もうね。
綾波やアスカの可愛さに悶えるわ。
圧倒的戦闘シーンに息をするのを忘れるわ。

キャラクターと言えば、今回の破は良い意味でキャラクター崩壊も多かったですね。
綾波行動派すぎw料理とかw
お弁当貰った時の「ありがとう」はまだ脳内で再生されます。

加持さん「アッー!」

アスカは加持さんに興味ないし。

そして何よりも、
ええ。

シンジ熱すぎ!!!!
シンジさんかっこいいっす!

アニメ界のヘタレ王だった彼がここまでかっこ良くなるとは
誰が予想していただろうか。。


で、ここからは私なりの考察

序の時から気にはなっていたのですが、今回は「赤い海」が大きく取り上げられましたね。
アニメの時にはなかった設定でしたので、何の意味もなく赤くしたとは考えにくいです。

私がこの海を見たときに最初に思ったのは前回の映画「END OF EVENGELION」の最後ですかね。
「気持ち悪い」で有名なアレです。

これははたして偶然なのだろうか。ということです。
今回の映画が前回の映画の何かしらの続編であると考えれば
破の最後でカヲル君が言った「“今度は”助けるよ」というのも当てはまるような気がします。

結果的にサードインパクトを迎えてしまった地球を経て繰り返される世界。
同じ世界ながらも惣流→式波のようにほんの少しズレた世界。
その中で成長している主人公。ズレ始めた物語。
そして違う結末。

う~ん。なんかリトバス的ひぐらし的な解釈も出来なくはない気がします。

ま、私の勝手な憶測ですが。

カヲル君は序と同じくほとんど出てないですし、
マリの立ち位置もハッキリとしてません。
可愛いですがにゃあ!

にゃあ!



PR
Comments
無題
ちょうど僕も日曜に見てきましたよ、エヴァ。

思ったことが。

シンジくんかっけぇぇぇ!!
アスカかわえぇぇぇぇぇ!!

でしたね。

後の感想考察はなばなさんとほとんど同じです。

今度こそハッピーエンドであってほしい。
ここまで持ち上げて最後突き落としたら僕は切れます。

楽しかった。
Posted by 紺戸 雪 - 2009.07.06,Mon 17:05:20 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
Twitter
Counter

忍者ブログ [PR]